<   2014年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2014年 12月 17日

YONEX CARBONEX試乗会

先日、ホームショップのギンリン健軍店にてYONEX CARBONEX試乗会が開催されました。
c0102018_244112.jpg



YONEX本社から担当の前田さん来熊。
前夜はチームメンバーと懇親会、吉無田DHにて来熊中のミッチーやJAMISさんも合流し親睦を深めました。
c0102018_2441026.jpg


試乗会、当日は寒いながらも晴天。
沢山の方にCARBONEXを試乗して頂きました!
c0102018_2441235.jpg



また、今回の注目はニューカラーオーダーフレームのお披露目(≧∇≦)
c0102018_2441258.jpg


WEBで見るより断然綺麗!
というか、美しすぎます。
そんなに乗り継いではいないものの、それなりに色々なバイクは見てきたつもりですが、これは元々のフレーム造りの美しさをさらに引立てて、尚そのグラフィックと塗装の鮮やかさはイタリアンフレームに劣らない、いや勝ってると言っても過言ではありません。
勿論、乗り味は世界最軽量クラスの重量を活かした登りの軽快さ、反応の良さは1キロ台のフレームから乗り換えても驚かされます。
そしてテニスラケットのシャフトよりフィードバックしたヨネックス独自の形状理論「Oval Pressed Shaft理論」を採用したチェーンステーにより絶妙なしなりと路面追従性を発揮、とくに私はコレが高速巡航、また高速域での伸びに活かされていると感じています。

容姿淡麗、高性能のCARBONEX!
勿論、全ての工程がメイド イン ジャパン!
海外OEMや生産拠点を海外に移すのが定石の昨今、このこだわり抜いた逸品、次の1台に御検討されては如何でしょうか?

私もつい自分のフレームにコッソリ…
c0102018_2441390.jpg

[PR]

by eco001 | 2014-12-17 02:07 | Comments(0)
2014年 12月 13日

YONEX CARBONEX試乗会のお知らせ

YONEX CARBONEX試乗会のお知らせ
ヨネックスの方が試乗会をしに熊本に来られます!
日時:12/14(日)10:00~ 場所:緑川右岸ヘリポート
http://goo.gl/maps/B6Rul
試乗サイズ:XS、S、M各一台+新カラーフレームの展示
実際にチーム員が実業団レースで走っているバイクにも試乗出来ます。
MADE IN JAPANのフレームを是非ご堪能下さい!

※試乗する際は運転許証など写真つきの身分証明書が必要ですのでご持参下さい。

この告知をシェアして頂けると嬉しいです。
c0102018_4152892.jpg

[PR]

by eco001 | 2014-12-13 04:13 | Comments(0)
2014年 12月 08日

九州Heven ride2014

九州Heven ride2014参加してきました。
c0102018_10484264.jpg


まず小国までの移動から過酷。
当日朝移動は凍結でリスキーとみて前日夜移動するも、すでに吹雪いており降雪、凍結間近。
c0102018_10473631.jpg


スタート地点の木魂館で山口から参加の「のののののじ」メンバーと合流。
このメンバーが集まると宴会が始まるのは常、すかさず車中宴。
c0102018_10474134.jpg


車中泊して朝起きると一面銀世界にΣ(゚д゚lll)
ココ熊本?
c0102018_1047447.jpg


絶好のジェントルマンレース日和らしい?
悪天候によるショートカットなどなく予定通りフルコースでスタート。
c0102018_10474935.jpg


いきなりダート。
旧国鉄の廃線を走ります。
c0102018_10475482.jpg

c0102018_10475691.jpg

c0102018_10475895.jpg


時間が経つも気温は上がらず、走れど走れど身体は冷える過酷なコンディション、そしてそんな私たちを迎える過酷なコース…
c0102018_10475966.jpg

c0102018_1048361.jpg

c0102018_1048527.jpg


参勤交代の道、旧豊後街道の石畳跡。
パヴェを予想し楽しみにしていましたが
c0102018_10481271.jpg


実のところは石畳とは程遠く、ツルツル滑る泥と枝落ち葉、岩だらけの急な下り。押して歩くのさえ困難(T_T)
c0102018_10481653.jpg


そのほかにもグラベルやマッドロード多数。激坂アップダウンだらけΣ(゚д゚lll)
c0102018_10483078.jpg



勿論車輪は泥詰まり。
c0102018_10481780.jpg


川を見つけて洗い出すメンバー
c0102018_10482136.jpg


途中、スタッフの茶のこ まつさんがサポートしながら撮影もしてくれます。
感謝!
c0102018_10482946.jpg




後半はさらに気温が下がり、爆風が吹き荒れ吹雪いてきます。
過酷なコンディションではありますが、この時しか拝めない絶景も多数。
かじかんだ手で記念撮影とアップロードは欠かしません。
c0102018_10482455.jpg


ゴールが見えてきた瀬の本の下りは凍結。
c0102018_10482628.jpg


笑いながら走るサコマ氏。
c0102018_10482710.jpg


朝8時過ぎにスタートしゴールしたのは17時過ぎ。
走行距離130キロ、獲得標高2500m以上。コースは道無き道を含みルートを探しながらのジェントルマンレース、皆で協力しながら怪我人や脱落者を出すことなく、奇跡的に機材トラブルも無く無事にゴール。
凍え疲労困憊ですが皆さん笑顔。
アフターパーティーでは他のチームの皆さんといかに過酷な旅だったかを笑いながら語り合い親睦を深めました。
c0102018_10483799.jpg



パーティー後も話は尽きず焚き火をしながら遅くまで余韻に浸ります。
c0102018_10483290.jpg


過酷な天候とコースでしたが、仲間と協力して何とか走破しました。
c0102018_10483579.jpg


参加された皆さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました。
何より、参加させてくれた家族には感謝です。

Photo by Chanoko
https://www.facebook.com/tearomchanoko
[PR]

by eco001 | 2014-12-08 10:08 | Comments(0)